キャッシング クレジット カードローンのほんとのトコロ

消費者金融は新規顧客大歓迎

消費者金融ははじめての方が大好きです。

消費者金融は(はじめての方)がこの定大好きです。近年各社ともその傾向が特に顕著に目立ってきています。しかし活字で表記すると(はじめての方)でも、大手とそれ以外の各社では意図する客層が明らかに違っていることに気がつくと思います。
基本的に大手が好んでいる(はじめての方)は「正真正銘の消費者金融未経験者」を指しています。自社の利用をは当然として他社の利用も全くない人のことを表しています。要するに全くのキャッシング未経験者を狙っているのです。

 

その一方でそれ以外の各社が狙っている「をはじめての方」は「自社事業が初めての方」とした意味合いが強いようです。確かにキャッシングをいちども利用したことがない方も含ませては入るが、必ずしもそこだけに焦点を置いているわけではありません。

 

消費者金融協会は全てにおいて「お年差の構造」が作用しています。内から中、昼から上へ。また上流から中流、中流から下流へ。全てがこれを常道として捉えている。貸付融資残高の順位が、単に会社規模の大小を表しているだけではなく、それは利用者が実際に利用を考える順番にもそっくり移行させることができます。

 

今あなたが消費者金融の理由を考えたとします。まず「どこで借りようか? 」と純粋に考えると思います。こおおよそ考えられる範囲で大手やcmなどで見る会社の中から検討を受けるのではないでしょうか。それは普通の感覚だと思います。突拍子もなくスポーツ新聞や夕刊紙を広げて見るからに怪しそうな三行広告あたりに掲載されている会社にいきなり間違って申し込んでしまう!! なんていう行動はまず起こさないと思います。

 

そう考えてみると、何も大手が躍起になって「はじめての方」を強調しなくてもいいように思います。黙っていてもお客さんの方から借りに来てくれる。それは申し込みに来た人すべてに融資する事は経常不可能だと思いますが、それでも「良質な客 」が集まりやすい環境にあるといえます。つまり「恩お客さんを自社の都合で選別できる」状態とい言うわけです。しかしそれらが分かっていても「はじめての方」に対する宣伝などのアナウンスはますますヒートアップしていくことだと思います。間違ってもあなたのキャッシングライフを全面的にお手伝いしたい、と考えているようにも通って思えませんが。

 

ズワイそれは「返済先」の順番にも連鎖するからに他ならない。「最初に借りた」ところがまず最初に返済が来る。という事は利用者の「蛇口の先端部分」さえ迎えておけば、後は何がきたってかまう事はありません。特に悪霊の1つして取りざたされる「自転車操業」も実はこの連鎖の「副作用」に過ぎません。「1番目」の返済日を「2番目」金借りて充当し、「2番目」の返済金を「3番目」金借りて充当する。そして「3番目」の返済金を「1番目」金借りるか「2番目」から借りるのか・・・  さらに「4番目」に駆け込むのか・・・。
何はともあれすべては「1番目」お危険として回っているに過ぎない事は事実で、そこに絶対的な価値が生まれてくるわけです。

 

さらに消費者金融は自社の債権のうえに他社の債権を積まれる事は少なからず認めるが、他者の債権の上に自社の債権を積むことを極端に嫌います。これは「すぐに「債権の質」に影響を及ぼしてしまうからなのです。
上記の考え方を「オセロゲーム」に例えてみると、一番下というのは「お四隅のます」のことになります。ここにおくと決して「反転」しない。しかしそれ以外の明日はいかようにも反転させられる場合があります。すなわち自社の債権が一番下にある他社の債権に、突如「ひっくり返る」ことも考えられるわけです。常に「1番目」は不動ですが、それ以外は稼働ということになります。

 

金融ビックバン以降「金融資産」という耳障りの良い言葉が巷間聞かれるようになってきました。一見、貯金(余裕資金)のみを対象とした言葉のように思えるが、これは借金向けのそれと解釈することもできます。貯金が現在の資産をターゲットにしているとすれば、借金は未来の資産をターゲットにしていることになるのです。大手各社はそこに狙いを定めて「初めての方」喝破しているのです。

 

 

金融業界はオセロゲーム?

 

さてオセロゲームを例に出して考えてみた場合に、この世界の「白黒」についてもう少し話してみようと思います。
この世の中は以前にせよ「白」か「くろ」しかないわけですが、消費者金融の世界にもそれは当てはまります。外界より毅然トして厳しい面がある一方を、なぜか「大甘査定」の矛盾に満ちた面も含ませています。

 

1、1回でもこれをつければ一生黒
「黒」でも生きることは可能です、いくらそれを反省し改心しても一生「白」にはなれません。すなわちこの業界は「再チャンス」がありません。
住人(利用者)はずぼらな私ともう多いが、業界自体は神経質なほどストイックなのです。

 

2、白含有率0.0001%の微量でも白
「しろ」にもピンキリがあります。純度100%の「真っ白」もあれば30%ぐらいの「黄ばんだ白」もあります。そして第三者が見れば「どう見ても黒でしょう」と見えても「白含有率」が検出されれば、どこまで行っても「白」ということになるのです。また違う角度から見れば、基準が明確でわかりやすいと言う判断もできます・・・笑)

 

最近キャッシングが便利なのでたびたび利用しています。とりわけポケットキャッシングという消費者金融が対応も良く職場からも近いため利用しています。

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ